良き想い出とともに

今私は30代前半ですが、10代から数えて今まで、10回ほどの結婚式に招待していただきました。その中で、昔よく耳にした新郎新婦の顔写真が入った食器は無かったし、使い道の困るような雑貨や食べ物はあまりありませんでした。

そればかりか、さすが皆センスがいいなとうなるものが多かったように思います。私は結婚式を挙げていないので、お祝いのお返ししかしたことはありませんが、やはりお世話になった方やたくさんの友人が祝ってくれるのですから、悪い印象は与えたくないという思いがありました。私たち夫婦は、頂いたご祝儀やプレゼント、そのご家庭の雰囲気に合わせてそれぞれ別の物をお返ししました。

頂いた例としては、まず10代の頃は可愛らしいティーカップのセットとお菓子でした。小さなレストランでの式だったので、雰囲気とも合っていたし当時の私達には身分相応の素敵な式でした。20代に入ると、少し内容が変わりました。一番嬉しかったのは、出汁をとるための鰹節です。料理が好きなので、大変助かりました。緑茶や紅茶の茶葉も、来客時には必ずいるもので消耗品なのですごく助かりました。

20代は誰でも結婚式ラッシュだと思いますが、一番多かったのはカタログです。これには驚きましたが、好きな方は多いようです。家電や雑貨、家具など自分の好きなものを選べるのはとても良いです。私もやはり買い変える機会を逃してしまう掃除機、扇風機などを注文しました。ちなみに今でも使用しています。

私が一番いいなと思ったのは、ティファニーのペアグラスです。文字も入っておらず、しっかりとしていて使いやすいです。おめでたい席で頂いたものは使用した方が良いということなので、良い紅茶やお酒が手に入った時に使っています。その時の式は震災後だったのですが、新郎新婦の思いも伝わってきて今でも印象深く残っています。

引き出物は、その物だけでなく良い想い出も一緒に思い出させてくれるものなのだと思います。